ラクシア体験談

コラム
2017.04.24

顔ダニとは?汗をかきやすい男性に注意報!その顔の赤みやにきび、皮脂を食べる!?

ニキビを気にする男性
近年は美容を気にする男性が増えたこともあり、メンズ用のスキンケア商品が数多く販売されています。メンズ用のフェイシャルケア商品を使って毎日ケアしているという男性も少なくありません。特にひと目でわかりやすい顔の赤みやにきびにお悩みの方は、しっかりとフェイシャルケアしたいと思っているのではないでしょうか。

しかし、どれだけフェイシャルケアしても、赤みやにきびが治らないというケースもあります。もしかするとそれは、顔ダニのしわざかもしれません。

目次

顔ダニとは?

顔ダニは正しくはニキビダニというダニの一種で、哺乳類の皮膚の分泌腺に寄生しています。人間では顔の皮脂腺における寄生密度が高く、赤ちゃんを除いたほとんどの人で確認できるとされています。

顔ダニは普段、皮膚表面から2mmほど下に寄生していて、夜になると皮脂腺や毛根から顔の表面に這い出して皮脂を食べます。顔の表面の余分な皮脂を食べる顔ダニのおかげで、皮脂が調整されているという説もあります。

しかし、皮膚の顔ダニの数が多すぎると肌トラブルが発生します。顔ダニの死骸や排泄物は肌の赤みやニキビ、湿疹といった肌荒れの原因になるのです。

顔ダニが増殖する原因と対策とは?

顔ダニが増えすぎると、さまざまな肌トラブルを引き起こします。顔ダニによる肌トラブルを防ぐためには、顔ダニが増殖する原因を知り、対策を施さなければいけません。

顔ダニが増殖する原因としてまず考えられるのが、肌が清潔に保たれていないということです。肌を不潔な状態のまま放っておくと、顔ダニのエサとなる皮脂が肌に残り続けることになります。そのような肌環境は、顔ダニ増殖の絶好の場所。また、清潔にするために洗顔をしていたとしても、石鹸などの洗顔料をしっかりと洗い流さなければ、それも顔ダニ増殖の餌となり、増殖の原因となります。顔ダニを増やさないためには洗顔をするのはもちろん、洗顔後にきれいに洗い流すことを徹底する必要があります。
洗顔
また、過剰な皮脂分泌も顔ダニ増殖の原因となります。脂っこいものを好んで食べたり、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れたりすると、皮脂は過剰に分泌されます。皮脂の過剰分泌による顔ダニの増殖を防ぐには、食生活を見直す、ストレスを溜めないよう適度な睡眠をとるなどが効果的です。皮脂抑制作用のあるフェイシャルケア用品を使うのもひとつの方法です。

しかし、顔ダニを気にするあまりに過剰に洗顔をすることはNGです。過剰な洗顔で皮膚に必要な皮脂を洗い流してしまうと、今度は乾燥が原因のにきび肌になってしまうこともあります。きちんと潤いを残すことを気にしつつ、顔ダニに負けない清潔な肌を保ちましょう。

メンズエステのフェイシャルケアで肌トラブルを解決

フェイシャルエステ
ご説明した顔ダニの存在を知って、いざフェイシャルケアをしようとするも、知識や経験不足でうまくできない男性は多くいます。また、洗顔~化粧水~乳液とステップを重ねるスキンケアは、慣れていない人にとっては面倒で続かないこともあります。そういった場合には、メンズエステを利用するという方法があります。

男性専用のエステサロンであるメンズエステでは、男性に特化したエステの施術を受けることができます。そのなかにはフェイシャルケアやニキビケアもあるため、抱えている肌の悩みを解消することができます。メンズエステではプロにケアを任せることができるため、面倒なこともありません。

近年はメンズエステの数も増えて、男性がより気軽に利用しやすい環境が整ってきています。自分でフェイシャルケアをするのが面倒、プロの手によるフェイシャルケアを受けたいという場合には、ぜひメンズエステの利用をご検討ください。

顔ダニはすべての人の顔に生息している

微小な存在であるため肉眼で見ることは難しいのですが、人間の周りにはたくさんの種類のダニが生息しています。顔ダニも人間の身近にいるダニのひとつです。 顔ダニは、正しくはニキビダニと呼ばれ、ほぼすべての哺乳類に寄生しています。皮脂腺の近くに寄生するため、皮脂腺がとくに発達している人間の顔には多く生息しています。その結果、顔ダニという名称が付いたのです。

顔ダニにはニキビダニとコニキビダニの2種類がいる

人間の顔に生息する顔ダニは、ニキビダニとコニキビダニの2種類です。 どちらも人間の皮脂を食べて生活しています。 ニキビダニは、英名で「デモデクスフォリキュロラム」とも呼ばれます。毛根部分に生息しており、何匹かの群れで行動するのが特徴です。コニキビダニは、名前のとおりニキビダニより少し小さく、英名で「デモデクスブレビス」とも呼ばれます。皮脂腺部分に生息しており、単独で行動するのが特徴です。

正常な皮膚にも約200万匹は生息している

正常な人間の顔には、実は約200万匹もの顔ダニが生息しています。また、ひとつの毛穴には5〜6匹の顔ダニが寄生しているのです。ダニには悪いイメージが強いのですが、次に解説するように、実は人間にとって大切な働きもしてくれています。

顔ダニは皮脂のバランスを調整してくれる

ニキビダニという名前ではありますが、顔ダニが生息しているからといって、必ずニキビができるわけではありません。むしろ、普段は顔の余計な皮脂を食べて、皮脂のバランスを調整してくれているのです。 ただし、顔ダニの数が増えすぎると、肌トラブルが発生する可能性もあります。顔ダニの死骸や抜け殻が毛穴に詰まってニキビ発生の原因となったり、顔ダニが食べる皮脂の量が増えすぎて乾燥肌の原因になったりする可能性もあるでしょう。

顔ダニは赤ちゃんの頃から生息している

顔ダニは、赤ちゃんの顔にも生息しています。家族とのスキンシップや母親の授乳によって、顔ダニは赤ちゃんの顔へ移動するのです。赤ちゃんの顔にも顔ダニの栄養分となる皮脂などが豊富にあるため、そこで新たなコロニーが作られ、顔ダニが成長したり、交尾して繁殖したりします。 顔ダニは、家族や友人といった身近な存在の間で移動しながら、人間とともに生きているのです。また、顔ダニは人類の長い歴史を見てきた、とも言われています。次の項目では、顔ダニの歴史や実態について見ていきましょう。

顔ダニは長い間人類と共存してきた

ダニが好きという人はあまりいませんが、顔ダニは長い間、人間と共存してきました。ここでは、アメリカで行われた研究を参考にしながら、顔ダニの実態や歴史について見ていきます。[注1]

1.顔ダニには4つの系統がある

上記の研究では、世界中のさまざまな場所に住んでいる人の顔ダニを調査しました。各地域の人の顔を擦って顔ダニを採取し、そのDNAを分析したのです。その結果、顔ダニには4つの異なる系統があることがわかりました。 アジア人にはアジア系統の顔ダニ、ヨーロッパ人にはヨーロッパ系統の顔ダニが生息している、ということです。同様に、アフリカ系やラテンアメリカ系の顔ダニも存在しています。

2.顔ダニの特徴は地域ごとに異なる

地域ごとに人の肌のタイプは異なります。水分の量や油脂の量、皮脂腺の数なども違うでしょう。そのため、アジア系統の顔ダニは、アジア人の肌タイプに合わせて進化し、アフリカ系統の顔ダニは、アフリカ人の肌タイプに合わせて進化したと考えられています。 また、ヨーロッパ系の顔ダニは、戦争や侵略で人が移動した際に一緒に移動したため、さまざまな地域で見られるのではないかと考えられます。 そして、人類が各地域で遺伝子を引き継いできたのと同様に、顔ダニも代々引き継がれて、地域ごとの系統ができたといえるでしょう。

3.顔ダニは頬を寄せることで人の間を行き来する

顔ダニは、ひとりの人間の中にずっと生息しているわけではありません。頬を寄せる、キスをするといった少しの接触の際に、家族や友人の間を移動しているのです。物理的に近い距離で生活している家族や友人の間で顔ダニの交換が繰り返され、混合した顔ダニが何世代にもわたって生き残ってきたと考えられています。

4.アフリカとアジアの顔ダニが最古のもの

人類はアフリカで誕生し、世界中に広まっていったと考えられています。そして、各地域の環境に合わせて独自の進化を遂げてきました。顔ダニの進化も同様のイメージで考えられています。 同研究では、顔ダニの遺伝子から進化の過程を明らかにしました。その結果、顔ダニは240〜380万年前の間に、4系統に分岐し始めたことがわかったのです。これは人類が誕生した頃と同じ時期です。顔ダニは、アフリカで誕生した人類の顔に寄生し、一緒にアジアへ移動したと考えられます。つまり、アフリカとアジアの顔ダニが最古の系統といえるでしょう。
[注1] 米国科学アカデミー紀要(PNAS)「Global divergence of the human follicle mite Demodex folliculorum」

顔ダニが増えすぎてしまう5つの原因

前述のとおり、顔ダニは皮脂のバランスを整えてくれる存在でもあるため、通常の数であれば存在していても問題ありません。ただ、増えすぎるとニキビや乾燥肌につながるため注意が必要です。 では、顔ダニが増殖しすぎることにはどのような原因があるのでしょうか。ここでは、5つの原因をご紹介いたします。ぜひチェックしてみてください。

1.顔の衛生状態が悪い

顔ダニは皮脂を食べて生活しているため、顔の皮脂が多くなりすぎると、顔ダニが大量発生する要因になってしまいます。運動した後や汗をかいた日に顔を洗わない、夜寝る前に風呂に入らない、といった行為は避けるべきでしょう。水だけでは皮脂を流しきれないため、洗顔料でしっかりと洗ったり、保湿したりすることも大切です。とくに男性は、ひげも一緒に洗うようにしましょう。

2.顔に触れるものの衛生状態が悪い

顔に触れるものにも、顔ダニは生息しています。タオルや枕、布団などの衛生状態が悪いと、顔ダニの大量発生につながってしまうでしょう。こまめに洗濯して清潔に保っておくことが大切です。女性の化粧道具や男性のひげそりなどにも注意しましょう。

3.免疫力が低下している

肌の免疫力が低下していることも、顔ダニの大量発生につながる可能性があります。紫外線を浴びすぎたり、栄養バランスが悪かったりすると、肌の免疫力が低下してしまいますので注意しましょう。免疫力が低下すると、顔ダニが増えるだけでなく、しわやしみの原因にもなってしまいます。

4.ストレスによりホルモンバランスが乱れている

ストレスによりホルモンバランスが乱れると、普段より多くの皮脂が分泌されます。その結果、顔ダニのエサが増えてしまうため、大量発生につながってしまうのです。仕事や人間関係による過剰なストレスや、睡眠不足には注意しましょう。

5.脂っこい食べ物やお酒を過剰に摂取している

脂っこい食べ物やお酒を摂取しすぎると、皮脂の分泌が増えてしまい、顔ダニの増殖につながります。食生活を見直し、適度な量に調整しましょう。

顔ダニの大量発生による6つの症状

顔ダニが大量発生すると、顔にさまざまな症状が出てきます。ここでは代表的な6つの症状をご紹介いたします。順番に見ていきましょう。

1.顔ダニが毛穴に詰まることによる「ニキビ」

顔ダニの死骸や排泄物などが増えすぎると毛穴に詰まってしまい、結果としてニキビが発生する可能性があります。すぐに治るタイプのニキビであれば他の原因が考えられますが、長期間治らない赤いニキビは、顔ダニによるニキビの可能性もあるでしょう。

2.皮脂が減りすぎることによる「乾燥肌」

顔ダニが大量発生すると、多くの皮脂を食べられてしまうため、皮膚が乾燥しやすくなってしまいます。普段は、脂っぽい肌なのに急に乾燥しやすくなったという人は、顔ダニが大量発生している可能性もあるでしょう。

3.肌のアレルギー反応による「かゆみ」

顔ダニの活動によって肌がアレルギー反応を起こし、かゆみの症状が出る場合もあります。顔ダニは、顔の皮脂を食べたり脱皮をしたり、さまざまな行動をしているため、増えすぎると人間の皮膚に大きな影響を与えるのです。 他の虫に刺された記憶はないのにかゆみが続く場合は、顔ダニが原因の可能性もあるでしょう。

4.肌の炎症による「赤み」

顔ダニが増えすぎると肌が炎症を起こし、赤みの症状が発生することもあります。顔ダニの活動が活発になりすぎて、皮膚が腫れてしまうのです。赤みが治らない場合は、無理に洗ったりファンデーションで隠したりせず、早めに皮膚科に相談しましょう。

5.顔ダニの移動による「シミ」

顔ダニが毛穴を移動すると肌に刺激を与えるため、その結果、シミが発生する可能性もあります。シミは、皮膚の中にある黒い色素「メラニン」の蓄積によるものです。 顔ダニが毛穴を移動すると、メラニンを作る細胞「メラノサイト」が活性化してしまい、黒いシミが増えてしまいます。

6.毛根の栄養が減ることによる「抜け毛」

顔ダニが大量発生すると、抜け毛が増える可能性もあるでしょう。顔ダニは、顔から頭へ移動し、毛根周りの栄養を食べることもあります。また、毛穴に詰まることも増えるため、抜け毛につながってしまうケースもあるのです。

顔ダニの大量増殖を防ぐための5つのポイント

ここまで紹介したとおり、顔ダニが大量発生すると多くの肌トラブルにつながるため注意が必要です。適切な予防方法により、増殖しすぎるのを防ぎましょう。

1.丁寧に洗顔する

顔ダニの大量発生を防ぐ一番基本的な方法は、顔を丁寧に洗うことです。強く擦らず泡を使って優しく洗いましょう。洗った後は、石鹸や洗顔フォームをしっかりと洗い流すことも大切です。汚れや洗顔料が残っていると、意味がありません。水で丁寧に洗い流すことを意識しましょう。 濃い目の化粧をする女性や、男性用化粧品を使っている人は、メイクをきれいに落とすことも大切です。毛穴に化粧が残っていると、顔ダニの発生につながってしまいます。 ただし、顔の洗いすぎには注意しましょう。顔ダニが気になるからといって、強く洗ったり、洗う回数を増やしすぎたりすると、必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥肌につながってしまいます。

2.顔の保湿を心がける

洗顔した後にしっかりと保湿することも大切です。肌が乾燥すると、身体が勝手に余分な皮脂を出そうとしてしまいます。美容液や保湿クリームなどを使ってケアしていきましょう。

3.バランスのよい食生活を心がける

顔ダニの大量発生を防ぐうえでは、偏りのないバランスのよい食事を心がけることも大切です。脂っこい食べ物には、とくに注意が必要です。ただ、完全に避けるのも難しいため、脂っこい食べ物が好きな人は、オリーブオイルや亜麻仁油などに代えてみるとよいでしょう。

4.規則正しい生活を意識する

規則正しい生活を意識することも、顔ダニの発生を抑えるために効果的です。とくに睡眠習慣は重要で、睡眠不足からホルモンバランスが乱れるだけでなく、男性ホルモンの分泌が増えてしまうケースもあります。男性ホルモンは皮脂の分泌を促進するため、顔ダニのエサが増え、結果として大量発生につながってしまうのです。

5.プロのフェイシャルケアを受けてみる

プロのフェイシャルケアを受けることも、顔ダニ防止のよい方法です。自分で洗顔しても汚れが残ってしまいがちです。毎日丁寧にケアするのは面倒だと感じる方も多いでしょう。とくに男性は、正しい洗顔の方法がわからないという方が多いようです。 男性専用のエステサロンもあるため、男性の肌に合わせた施術も受けられます。プロに相談しながらケアしてもらえますので、ニキビや乾燥肌に悩んでいる方は、メンズエステの利用を検討してみましょう。
                   

あなたのカラダのダメージ度をチェック!CHECK THE CONDITION

お試しコースを検討している方へ。
まずは、あなたの体が『今どんな状況なのか』を知る事が大切です。
下記項目にチェックを入れ、コンディションをチェックしてみましょう。

COUNT
                   
Result
  • 合計の数が1~5個の方
    本来できていたことが少しずつできなくなり、体の不調が現れ始めています。悪くなってから治すのではなく、早いうちに正常な状態に戻すためにメンテナンスを始める時期です。まずは健康診断の意味も込めてオーダーメイドコースをお勧めします。そこで全身の状態を把握したキュアピストからアドバイスを受け、施術が急がれる部位をメインにしたコースを月1回程度、受けてみてはいかがでしょうか。
    > 新規ご予約はこちら
  • 合計の数が6~10個の方
    体の不調が多く現れ、若い頃にできていたことができなくなっている場合が多くありませんか。以前と比べて食が細くなったのに太りやすかったり、休んでも疲れがなかなか取れない。あるいは集中力が続かなくなったなどの症状も自覚しているはずです。それらがさらに進行する前に、また若い頃の状態が年齢を重ねてもキープできるようにメンテナンスを始めてください。まずはオーダーメイドコースで今のあなたの全身の状態を把握してみましょう。そこでキュアピストから的確なアドバイスを聞き、可能であれば引き続きオーダーメイドコースを。それが難しければ急がれる部位の施術を受けてみることをお勧めします。
    > 新規ご予約はこちら
  • 合計の数が11個以上の方
    かなり体の不調が多く、体の機能不全が進み、免疫力も低下しています。しかし、年齢のせいにするなどけっして諦めることはありません。今からメンテナンスを開始すれば悪化を抑えられるだけではなく、本来のあなたの状態を取り戻すことができるはずです。あせらずまずはオーダーメイドコースで健康診断を兼ねながら、全身の状態を把握してみましょう。そこでキュアピストから的確なアドバイスを聞き、引き続きオーダーメイドコースを月2回、改善すれば月1回、ぜひ受けてみてください。
    > 新規ご予約はこちら