トレンド・ニュース

1_pixta_23638064_M

小顔になりたいと考えているのは、女性だけではありません。男性からも、「しゅっとした小顔になりたい」という声をよく聞きます。そんな小顔になるための方法として、ある方法が注目されています。それは「ガムを噛む」というもの。ガムを噛むことで小顔になれるというのは、どういうことなのでしょうか。

 

ガムを噛むと小顔になれる?

ガムを噛むことで小顔になれる要因は、ガムそのものにはありません。ガムを「噛む」ということに意味があります。

顔の形や大きさは骨格による影響が大きいのですが、筋肉や脂肪も大きく関係しています。筋肉が緩めばだらしない顔つきになりますし、脂肪が増えれば顔は大きくなります。しかし、ガムをしっかりと噛めば筋肉が引き締められ、脂肪が燃焼されます。これにより、フェイスラインがすっきりして、小顔効果が得られるのです。ほうれい線やシワができることも防ぐことができるため、老化防止にも効果的です。

また、ガムを噛み続けると唾液が多く分泌され、満腹中枢が刺激されます。これにより食欲を抑えることができるため、食べ過ぎによる肥満を防止することができます。顔に脂肪がつくのを間接的に防ぐことができるため、小顔矯正の補助になります。

 

小顔のための正しいガムの噛み方

2_pixta_7167839_M

ガムを噛めば小顔になる理由は、上述のとおりです。とはいえ、ただガムを噛めばいいというわけではありません。小顔のためにガムを噛むときには、いくつか注意しなければいけないことがあります。

ひとつは、噛む歯を変えるということ。人によってガムを噛みやすい場所は違い、食事の際に左右どちらかの側の歯でしか噛まない、という人も少なくありません。しかし、ガムを偏った側の歯で噛んでいるとそちら側の筋肉のみを使うことになり、うまく小顔になることができません。それどころか、左右の顔のバランスが悪くなってしまうことも。右で噛んだ分だけ左でも噛む、奥歯の次は前歯で噛むなど、バランスよく噛む場所を変えることが大切です。

もうひとつ、多少オーバーに噛むということも大切です。一般的に食事をするときは、口を大きく動かさず静かに食べるのがいいとされています。しかし、小顔のためにガムを噛む行為は、一種のエクササイズ。普段の食事とは違って、筋肉をしっかりと動かす必要があります。そのため、いつもよりも意識して口を大きく動かすことが大切です。ただし、強すぎる力で噛むことはNG。歯に負担をかけてしまいますし、フェイスラインの咬筋(こうきん)が発達してエラがはってしまうという一説もあります。

 

なお、ガムを選ぶ際には糖分が少ないものを選ぶべきです。糖分が多いガムを噛むと、小顔になるどころか顔が太ってしまう可能性があります。併せてキシリトールなどを摂取することでお腹がゆるくなりがちな方もいるので、過剰摂取はしないように気をつけましょう。『何事も正しい方法でほどほどに』、を心がけて取り組みましょう。

 

より小顔を目指すならメンズエステの施術もおすすめ

3_pixta_22393490_M

今回ご紹介したように、ガムを噛むことで理想の小顔に近づくことができます。しかし、早く結果を出したいという人にとっては、ガムを噛むだけでは物足りなく感じることもあります。さらに効率よく小顔になりたい場合は、メンズエステを利用するのがおすすめです。

メンズエステは男性専用のエステサロンであり、脱毛やメタボ対策などさまざまな施術を受けることができます。メンズエステの施術のなかにはフェイシャルエステもあり、ハンドマッサージやフェイシャル用の機器を使った施術で小顔効果を得ることができます。

メンズエステはプライバシーに配慮した作りになっているため、初めての場合でも安心して利用することができます。より小顔を目指したいという方は、メンズエステの利用をご検討ください。

現在のキャンペーン

Recommend おすすめ記事

Keyword 話題のキーワード

おすすめ すね毛 ほうれい線 アレンジ エステ クチコミ ケア コンディショニング コンプレックス サロン シミ取り スキンケア セルフケア ダイエット ニキビ ヒゲ ヒゲ脱毛 ピックアップ フェイシャル フェイシャルエステ フェイシャルケア マッサージ ムダ毛 メンズ メンズエステ メンズマッサージ メンズ脱毛 体毛 体験談 処理 原因 小顔 清潔感 濃い 生活習慣 男性ホルモン 痩せたい 痩身 美容男子 脱毛 若返り 顔痩せ 食生活

カテゴリー

Search

最近の投稿

アーカイブ

サロンのご案内