コラム

1pixta_23576415_M

肌が弱い人にとって、毎日のヒゲ剃りは「剃り負け」との戦いでもあります。ヒゲを剃るたびにヒリヒリとした痛みを感じるのは、辛いもの。剃り負けを防ぐためには、シェービングクリームやジェルを使うという方法もありますが、それ以外にも、「電気シェーバーを使う」という方法もあります。電気シェーバーは一般的なカミソリに比べて肌への負担が小さく、肌が弱い人でも使いやすいといわれています。そんな電気シェーバーは、正しく使うことで、より肌に優しくヒゲを剃ることができます。そこで今回は、肌に優しい電気シェーバーの使い方をご紹介します。

 

電気シェーバーが肌に優しい理由

2pixta_21252470_M

電気シェーバーは、一般的なカミソリに比べて肌の負担が小さいとされています。まずは、なぜ電気シェーバーが肌に優しいのか、その理由についてご紹介します。

電気シェーバーがカミソリよりも肌への負担が小さい理由は、「ヒゲの剃り方の違い」にあります。一般的なカミソリを使ったヒゲ剃りでは、カミソリの刃を、直接肌に当ててヒゲを剃ります。刃を肌に直接当てる剃り方のため、肌ダメージを与えやすいといえます。場合によっては切ってしまうこともあります。これに対して電気シェーバーは、まず、「外刃」や「網刃」というパーツを肌に当てて、ヒゲを押し出します。そして、出てきたヒゲを「内刃」という内側の刃で剃ります。この剃り方だと、刃を皮膚に直接当てることなく、肌ダメージを抑えながらヒゲを剃ることができます。

こうした剃り方の違いが、肌への負担の違いとなって現れています。

 

電気シェーバーでの正しいヒゲ剃り

3pixta_12202211_M

肌に優しい電気シェーバーは、正しく使うことで、さらに肌負担を減らすことができます。以下にて、正しい使い方のステップをご紹介します。

電気シェーバーでヒゲを剃る前は、まず、洗顔でしっかりと汚れや皮脂を洗い流します。洗ったあとは水分を拭き取り、プレシェーブローションを塗ります。プレシェーブローションは、毛穴を引き締めてヒゲを立たせる効果や、刃滑りをよくする効果があります。これを使うと、ヒゲが剃りやすくなります。汚れや水分が残っているとプレシェーブローションの効果が弱くなるため、しっかりと洗い、拭き取ることが大切です。

プレシェーブローションが乾燥したら、ヒゲを剃り始めます。ヒゲを剃る際は肌に垂直にシェーバーを当て、ヒゲが生えている方向とは逆の方向にシェーバーを動かします。このとき、強く押し付けると肌に負担がかかるため、軽く当てるようにしましょう。

剃り終わったら、プレシェーブローションを洗い流します。その後、化粧水や乳液などでしっかりと保湿をしましょう。肌のヒリヒリが気になる場合は、シェービングローションなどを使った「ウェット剃り」も選択肢のひとつ。ただし、シェーバーによってはウェット剃りに対応していない場合もあるため、事前に確認しておく必要があります。

 

メンズエステで脱毛という選択肢も

どうしても肌が弱くてヒゲ剃り負けしてしまう場合には、「メンズエステでヒゲを脱毛する」という選択肢もあります。市販の脱毛クリームなどもありますが、こちらも間違った使い方をすると肌にダメージを与えてしまうことがあるため、メンズエステを利用することをおすすめします。

メンズエステは文字どおり男性専用のエステサロンです。メンズエステでは、お客様の希望を叶えるための脱毛処理をサービスしています。たとえばヒゲならば、脱毛したい部分はツルツルに、残してほしい部分はそのままに、といったデザイン脱毛ができることもメンズエステの特徴。肌に負担をかけずに脱毛ができることも、メンズエステでの脱毛の大きなメリットです。ヒゲの脱毛を考えている人は、メンズエステの脱毛を利用してみてはいかがでしょうか。

ヒゲ脱毛キャンペーンはこちら

現在のキャンペーン

Recommend おすすめ記事

Keyword 話題のキーワード

おすすめ すね毛 やせマッチョ アレンジ エステ ケア コンプレックス サロン スキンケア セルフケア ダイエット ニキビ ヒゲ ヒゲ脱毛 ピックアップ ファッション フェイシャル ブライダル マッサージ ムダ毛 メタボ メンズエステ メンズ脱毛 体毛 体験談 処理 原因 毛穴 清潔感 濃い 生活習慣 男性ホルモン 痩身 眉毛 筋肉 美容男子 胸毛 脂肪 脇毛 脱毛 若返り 遺伝子 食生活

カテゴリー

Search

最近の投稿

アーカイブ

サロンのご案内