LUXIA POSTラクシアポスト

コラム
2018.08.1

なにをするにもやる気が出ない! 気力が低下しているときの解決法は? 

なにをするにもやる気が出ない! 気力が低下しているときの解決法は?

 
やらなければならないことがあるのになぜかやる気が出なかったり、モチベーションが上がらなかったりすることもありますよね。
仕事だけでなく、好きだったはずの趣味でさえ、やる気がわかなくなってしまったと悩む人も少なくないと思います。
どうにも気力がわかないというときには、どのように対処したらよいのでしょうか? 
やる気がなかなか出ない原因や、その解決策について紹介します。

「やる気が出ない」その原因とは?

心身に疲れが蓄積すると、やる気もどんどん下がってしまうもの。
睡眠不足や通勤の疲れ、体力不足がモチベーションの低下を招いてしまうことも多いものです。
また、人間関係の悪さや仕事の煩雑さ、やりたくもないことを自分の意志を無視してやらなければならないというストレスも、気力低下の大きな原因です。
疲れや悩みが蓄積してしまうと軽いうつ状態になり、ますます気力が低下してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

やる気が出ないときの解決策4つ

 
テストステロンの現象が心身に及ぼす影響
 

1. 問題が起きている場合には解決する

やる気が出ない原因がはっきりしているときには、その原因を解消するために動きましょう。
心配ごとがあれば早急に解決したいですね。誰かと意見が食い違ったために作業がはかどらないのならば、できる限り話し合いましょう。
また、タスクが多くて参っているのなら、優先度の高い順にタスクを書き出して可視化します。
マルチタスクを避けて1つずつに集中すれば、効率も高まります。

2. 軽い運動をして気力をアップさせる

やる気が出ないときにはストレッチや散歩といった方法で体を軽く動かしてみましょう。
脳と体は直結しているため、軽く体を動かすだけでも脳が活性化され、やる気がわいてきます。
慢性的な体の疲れがやる気不足につながっているというケースは多いもの。
普段からスキマ時間に筋トレをしたり毎日のウォーキングやランニングで体力をつけたりしておけば、やる気や集中力も高まりやすくなります。

3. 一旦休んで気持ちをリセットさせる

行き詰まりを感じているときには、一旦立ち止まって休息を取り、心身をリセットさせるのも1つの方法です。
やりたいことを後回しにしていると感じるときには、ほんの数分でも良いので好きなことをする時間を設けてみては。
眠気や倦怠感のあるときには、午後に短時間の昼寝をすると良いでしょう。
15分程度の短い睡眠には心身をリフレッシュさせる効果があるため、脳がスッキリしてやる気もみなぎりやすくなります。

4. やる気が出なくてもとにかく始めてみる

やる気が出ないというときにも、とにかくやるべきことを始めてみましょう。
脳科学者の池谷裕二氏によると、脳内の側坐核は無気力になり立ち止まってしまうと、活動しないのだといいます。
人間の脳には、なにかをやり始めることによって活性化する性質があります。
やる気が出るのを待つのではなくとにかく行動すれば、次第にやる気もみなぎってくることでしょう。

やる気が出ない状態が続いていると、仕事だけでなく私生活のパフォーマンスも低下していくもの。
1日を通してパフォーマンスが低下した状態になるので、どんどんと時間の余裕もなくなっていきます。
このような悪循環の原因は、体調の悪さといえます。体調が整っていないと作業効率や集中力、発想力が低下するので仕事や私生活のサイクルが乱れやすくなるのです。
すると知らず知らずのうちにストレスが蓄積していき、さらにやる気が低下してしまいます。

この負のスパイラルから脱出するためにも、メンズラクシアのオーダーメイドのキュアトリートメントで体のコンディションを整えることから始めましょう。
メンズラクシアでは、お客様1人1人の体質や体調などに合わせてオーダーメイドの施術を行っているため、体や心の状態をしっかりとチェックしてからマッサージに入ります。
やる気が出ずにお悩みであることをスタッフにご相談ください。

体の本来の力を引き出すキュアトリートメントによってお悩みを解決に導きます。
体の疲れを取ってリフレッシュさせれば、体とともに気分もグッと明るくすることができます。
体や気分が明るくなると、自然とフットワークも軽くなるためやる気もアップしていきますよ。
体のコンディションが整った状態で自分が行ったことに対し、達成感や充実感を得ることが、やる気を取り戻すための近道です。
ぜひメンズラクシアのオーダーメイドマッサージをご体験ください。
 
▶オーダーメイドを見る