LUXIA POSTラクシアポスト

コラム
2018.08.1

ポジティブになりたい! 疲れや苛立ち、ネガティブ思考から脱却しよう

ポジティブになりたい! 疲れや苛立ち、ネガティブ思考から脱却しよう

 
心身に疲れが溜まると、ポジティブになりたいのにネガティブ思考になってしまうこともあるでしょう。
気分が落ち込んでなかなかネガティブ思考から抜け出せないのには、実は理由があります。
疲れやストレスが蓄積すると、脳内物質のセロトニンが減少します。セロトニンが減ってしまうと、人はどんどんネガティブ思考に陥ってしまうのです。
この記事では、脳内物質セロトニンとポジティブ思考の意外な関係性について紹介します。

疲れやネガティブ思考はなぜ起こる?

いつもなんとなく頭がぼんやりしていたり、起きたばかりなのに疲れを感じたりしていることはありませんか?

また、常に苛立っていたり、ネガティブ思考に陥ってしまったりする人もいるかもしれません。もしかするとそれは、脳内のセロトニン不足による症状なのかもしれません。
「幸せホルモン」と呼ばれることもあるセロトニンには、感情の高まりをおさえ、不安感やイライラを取り除いて心を穏やかにしてくれる、精神安定剤のような効果があります。
そんなセロトニンが不足してしまうと、心身が不安定になり考え方もネガティブになってしまいやすいのです。

脳内物質が心身に及ぼす影響とは

脳内には、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質が常に放出されています。
ノルアドレナリンは人を攻撃的にしたりイライラさせたりする物質、ドーパミンは脳を覚醒状態にしてしまう物質です。
セロトニンには精神を安定させてポジティブ思考にしてくれる重要な役割があります。
ノルアドレナリンやドーパミンが過剰分泌を防ぎ、心身のバランスを穏やかに整えてくれるのも、セロトニンの役割のひとつです。

セロトニンとポジティブ思考の関係性

理化学研究所の調査によると、群れで暮らすボスの猿と普通の猿では、ボス猿のほうがセロトニンの濃度が高いのだといいます。
この調査結果からは、脳内で分泌されるセロトニンの量が多いほどポジティブ思考になり、周囲からの信頼も得やすくなるということが推測できます。
これは人間に関しても同じで、仕事ができたり出世したりする人というのはセロトニンが十分に分泌されている傾向にあるため、物事を前向きに考えることができるのです。

セロトニンの分泌を促すポイント

 
毎日の新習慣に! 質の高い睡眠のとり方
 

人間の体は、朝起きて光を浴びるとセロトニンを分泌し始めます。

目覚めてからカーテンを開け、屋外から差し込む光を5分程度浴びるだけでも、脳の活動は活発化しやすくなるのです。
食事をよく噛んで食べたり、毎日軽い運動を心がけたりするだけでもセロトニンは分泌されるもの。

また、笑顔でいるよう意識することや、誰かと会って話すようにすることもセロトニンの適度な分泌につながります。
毎日をいきいきと過ごせば、自然とセロトニンも分泌されやすくなり、イライラやネガティブ思考から脱却できるようになりますよ。

ポジティブになりたいと感じているのなら、まずは生活習慣を改善してセロトニンの分泌を活性化させてみることが大切です。
適切な量のセロトニンが分泌されれば心身のバランスも整いやすくなり、次第にポジティブな思考ができるようになっていきます。

また、生活習慣の改善とともにぜひお試しいただきたいのが、メンズラクシアのフェイシャルマッサージ「キュア・ザ・フェイス」です。
このコースでは顔に加えて、首、肩、頭皮までのマッサージも幅広く行います。
疲れやストレスなどによって滞った血液のめぐりを促し、凝りをとって体のコンディションを整えることで、幸せホルモンであるセロトニンの分泌を促すのです。
すると思考がポジティブ方向に切り替わり、物事がスムーズに進むようになります。

さらに、メンズラクシアでは来店されたお客様1人1人に合わせてベストなライフスタイルを提案しています。
プロの目線から日々の食事や運動についてのアドバイスを行い、来店時以外の生活もサポートするのがラクシアならではです。
本来の明るい自分を取り戻すためにも、ぜひメンズラクシアのサービスをご利用ください。
 
▶キュア・ザ・フェイスを見る