LUXIA POSTラクシアポスト

コラム
2017.12.12

「コメド」はニキビの始まり!すっきり除去するにはどうすればいい?

 

「顔に痛みやかゆみなどの違和感を覚えて鏡を見てみたら、赤いニキビができていた……」というのは、多くの方が経験していることでしょう。しかし、ニキビはある日突然赤く盛り上がった状態で発生するわけではありません。ニキビの原因となる初期症状を知って適切な対処をすることで、ニキビができるのを防ぐこともできます。

今回は、ニキビの元となる「コメド」の特徴と、どのように取り除けばよいのかについてご紹介します。

 

コメドって一体何?

2

 

コメドは、英語では「comedo」と書き、「ニキビ」を意味する言葉です。しかし、日本語でコメドといった場合は、ニキビではなく、ニキビの前段階である「面皰(めんぽう)」のことを指します。

ニキビは毛穴に角質や皮脂が詰まることでアクネ菌が繁殖し、内部で炎症が起こることによって生じます。一方、コメドというのは、毛穴に皮脂が溜まっている状態や、それにより角質が厚くなって角栓ができてしまった状態です。そのため、コメドを放置しておくと、内部で炎症が起こって赤ニキビなどに発展してしまうことがあるのです。

初期段階のコメドは、白っぽい小さな塊に見えます。この塊を指などで押すと、中から白っぽいぬるっとしたものが出てきます。これが、毛穴の中に詰まっているものなのです。

 

コメドはどうしてできる?できてしまったらどうすればよい?

3

 

コメドができる原因は、肌の乾燥です。肌が乾燥すると、体は皮膚のバリア機能を低下させないために皮脂を分泌させます。こうして分泌された皮脂が毛穴に詰まることで、コメドの原因となるのです。

また、肌への負担もコメドができる原因のひとつです。刺激の強いクールタイプの洗顔料を使い、その後、特に保湿対策をせずにそのまま放置してしまうということはないでしょうか。このような行為は、肌に負担をかけてコメドをできやすくしてしまう悪習慣です。また、シェービングフォームを使わずにカミソリを使うのも、肌にとって負担になります。もしもコメドができてしまったら、毎日の生活の中で皮膚に負担をかけていないか考えてみましょう。

 

生活習慣の見直しと合わせて、できてしまったコメドへの対策も必要です。コメドは、放置しておくとニキビになる恐れがあるものです。しかし、無理やり中のものを出そうとすると、かえって回りの皮膚組織を傷つけて炎症を起こしたり、中に細菌が入り込んだりしてしまうことがあります。

コメドができたら無理に押し出すのではなく、内側から押し出されてきたタイミングで消毒したピンセットなどで取り除きましょう。慌てて爪などで取らずにじっくり取り除くことが、のちの皮膚状態をきれいに保つためのポイントです。

 

フェイシャルエステでコメド対策ができる!?

 

メンズサロンのフェイシャルエステでは、ニキビコースなどが設けられていることもあります。このようなフェイシャルエステコースでは、洗顔やニキビケアに役立つ栄養の導入が積極的に行われるため、コメド対策に効果的です。

また、ニキビコースではない通常のフェイシャルエステでも、男性向けのものであれば男性の肌に合った洗顔をしっかり行って、肌の汚れを除去してくれます。フェイシャルエステメニューとして角質ケアを行っているサロンや、肌状態を診断してから施術を行うサロン、事前のカウンセリングでニキビなどの悩みについて相談できるサロンがおすすめです。

さらに、フェイシャルエステではしっかり保湿を行ってくれます。男性向けの保湿や乾燥対策用品は、まだまだあまり数が多くありません。メンズサロンのフェイシャルエステであれば、男性に適した保湿ケアを行ってもらえるため、コメドを作らない健康な肌を目指せます。

ニキビ対策のためにはコメドの段階で早期ケアを行うことが大切ですが、そもそもコメドができないように日頃からフェイシャルエステを受けるなど、ケアに気を配るようにしましょう。