LUXIA POSTラクシアポスト

コラム
2016.12.14

足が長く見える!スタイリッシュな歩き方をマスターしよう

近年は、自分の見た目に気遣う男性の人口が増加しました。男性専用のメンズエステサロンが増えたことからも、男性の美意識の向上が見て伺えます。

見た目を変えるには長期的な努力も必要ですが、日頃のちょっとした仕草を変えるだけでも印象をよくすることができます。たとえば、歩き方。歩き方を変えれば、足が長く見えたり、周囲に優雅なイメージを与えたりといった効果が期待できます。

そこで今回は、覚えておきたい「スタイリッシュな歩き方」のポイントについてご紹介します。

 

ポイント1. 上から引っ張られているイメージで

「歩くときに、背筋を伸ばす」。これはとても大事なポイントです。特にデスクワークが多い方は猫背になりやすく、歩くときにも背中が丸まりがちです。背中を丸めて歩くと弱々しく不健康なイメージになってしまうため、気をつける必要があります。背筋を伸ばすためには、糸のようなもので頭を上から引っ張られているようなイメージを持ちましょう。そうすることで、自然と背筋が伸びます。

また、同時に目線を水平にして少し先を見るようにすることも大事です。歩いているときは、つい目線を近くに置きがちですが、そうするとうなだれた印象を他人に与えてしまいます。目線を水平にし、15m程度先を見ることで自然に顔は上がり、背筋の伸びた精悍な印象を与えることができます。

 

ポイント2. ラインを意識する

2pixta_20815148_m
男性は、女性に比べてがに股になりがちです。がに股で歩くのはスタイリッシュであるとはいえませんよね。きれいに歩くためには、このがに股にも注意が必要なのです。

がに股で歩かないようにするためには、1本のラインを意識して歩くのがよいといわれています。地面にラインが引かれている様子をイメージしながら、その上を歩くように意識します。このとき、かかとは線の内側、つま先は線の外側に置くようにします。こうすることで、がに股にならずに歩くことができます。

 

ポイント3. 形を意識する

きれいに歩くためには、注意すべき2つの形があります。それが、「逆さY字」と「ト」の字です。

逆さY字は、足を踏み出して着地するときに意識したい形です。頭から股までの直線と、両足の逆さV字を組み合わせて逆さY字を作るようにします。歩くときにこの形を意識することで、足を踏み出したときのシルエットが美しくなります。

トの字は、足を後ろから前に踏み出すときに意識する形です。軸になっている足と踏み出す前の足でトの字を描くようにすると、美しく歩くことができます。このトの字は日本人が苦手な動作であるともいわれています。ちょっと意識をするだけで、周りと差がつきますよ。

 

ファッションショーなどを参考にするのがおすすめ

このように、歩き方にはいくつかポイントがあります。こうしたポイントを意識すれば、普段よりもきれいに歩くことができるでしょう。もしもきれいな歩き方のイメージが難しいのであれば、ファッションショーでランウェイを歩くモデルの歩き方を参考にしてみることをおすすめします。動画で見れば、上記の歩き方のポイントも理解しやすいでしょう。

 

メンズエステでスタイルをよくすることもひとつの方法

3pixta_24872826_m
今回ご紹介したような歩き方をすれば、印象は大きく向上します。加えて自分自身の身体もシェイプアップすることで、より格好いいシルエットを手に入れることができます。メンズエステを利用すれば、そうした美しい身体を作ることができます。

メンズエステにはさまざまなメニューがあり、そのなかのひとつにボディケアもあります。メンズエステのボディケアでは、メタボ対策の施術や、部分的な筋力アップの施術などを受けることができます。メンズエステの施術は痛みもなく、手間もかからないため、運動をする時間がないという人にもおすすめできます。

近年はメンズエステを利用する男性も増えているので、この機会にメンズエステを利用してみてはいかがでしょうか。